誰でも稼げるポイントサイト「ハピタス」新規登録はこちら

【Blog】人の考えていることが理解できません【ADHD】

【Blog】人の考えていることが理解できません【ADHD】

ADHD

人の考えていることが理解できない、と書くと『お前はADHDなんじゃないか』などと言われそうですが、いや、そうなのかもしれないけれども、今回は残念ながら皆さんの大好きな『ADHD』とか『バカ』といったお話ではありません。

 

彼の意見を支持できない理由

さて、私は、ZOZOTOWN創業者の前澤さんの行動にあまり賛同できません。

いきなり批判が大量に集まりそうなフレーズですが、できればもう少し読み進めていただけると幸いです。

スポンサーリンク

 

賛同できないのには理由があります。

彼は常々『世界から通貨という概念をなくして皆が平等な世界を実現したい』と語っているわけです。

先端技術や芸術に大量の資金を投入するというのは、確かに必要だと思います。

しかし、そのような ”お金で世界を引っ張る” 行為は、むしろ格差の拡大を生むものです。

資産家が必ずしも慈善活動に精を出すべきとは全く思いませんが、単純に彼の言動と行動が矛盾しているように感じる、ということです。

 

理由がなくても良いでしょ

ただし、ここまで理由を説明できない人が『前澤さんのことを支持できない』と言ったとしても、別に全く問題ないと思います。

『支持できる』というのと全く同じように『支持できない』と思うのに理由なんていらないじゃないですか。

 

確かに、「じゃあ気に入らないから皆で自宅に押し掛けるぞ」とか、「彼の存在価値自体がない」とか言い始めたら、それは違うと思います。

でも、単純に彼を支持できない、理解できない「と思う」ことに理由が必要なのでしょうか?

 

つまり、彼の行動が本当に客観的な意味で正しいのか正しくないのかは誰にも判断できないわけですから、賛否両論の意見が寄せられることに全く問題はないはずです。

逆に、自分が前澤さんの立場に立ったとしても、自分を理解できない「と思う」人がいる。別に良いじゃないですか。

そこにそれ以上の意味はありません。

 

こうした観点で言えば、『支持できない人はおかしい』などと仰る方がいるとすれば、そのほうがどうなんでしょう、と考えてしまうわけです。

(ただし、『支持できない人を理解できない、嫌いだ』と言うのは良いと思います。この違いが伝わりますでしょうか。)

 

千葉県民は頭がおかしい?

他の例を挙げてみたいと思います。

例えば、よく炎上している小西ひろゆき議員。

私は彼の主張を理解できないですが、しかし、彼が人間としてダメだということはないと思いますし、まして彼を当選させる千葉県民の頭がおかしいなどとは言えません。

 

それと同じように、安倍首相を支持できない人もいるでしょう。そのことが全く問題だとも思いません。

しかし、彼らが「自民党の支持者はおかしい」などと言うとすれば、やはりそれには同意できません。

 

『小西ひろゆき議員と一緒に暮らせ』と言われたら、たしかにそれは厳しいけれども(笑)、

そういうことではないわけですから、異なる考えの人がいるということに対して、あたかも主観的であるかのように自分の意見を述べることはできない、ということです。

 

共生することの難しさ

とはいえ、異なる考えの人と共生することがいかに難しいかも知っているつもりです。

子供を持つ女性イスラム教徒の中には、自らの子供にも、自分と同じように「権利を制限された女性」として育って欲しいと本気で考えている方がいるそうです。

つまり、我々が「男女は平等であるべきだ」と信じているとき、それと全く同じように「男女は不平等であるべきだ」と信じているというのです!

ある意味「洗脳」によるものだと母親の女性を一刀両断してしまえばそれまでですが、多様な考えを認めるということの難しさを示す事例です。

 

この意味で、自分が属する団体の大きな方向性の決定に関しては、争いの起きやすさは一定程度認められるものと思います。

他人がどのように考えているということに留まらず自らがそれに縛られるものですし、国家という枠組み自体が理解できる人同士の共同体として各々独立して運営しているものだからです。

政治の話が荒れやすいというのも、ひとえにこれが原因だと思います。

 

腹を立てるのはやめよう

しかし、各個人の行動や考えに関しては、互いに理解はできなくても認めること自体にそこまで難しさはないと思うのですが、如何でしょうか。

 

逆に、我々が何か対象を批判する際にかなり本気でというか、感情を前面に出して対立ありきで物事を考えてしまうから批判を受けた際にもムキになってしまうのであって、

これまで述べたような考え方を持つようになってからは、少なくとも私はあらゆる他人の行動に対して、本当に腹が立つこともなくなりました。

 

というわけで、実は私は冒頭で述べたように、『ZOZOTOWNの前澤さんのことが理解できない人はおかしい』と言われても、『しばらくすれば考え方も変わるのかなあ』と思いこそすれ、全く気にならないわけであります。