誰でも稼げるポイントサイト「ハピタス」新規登録はこちら

【Blog】ネット記事がバカっぽいのは、閲覧者がバカだから

【Blog】ネット記事がバカっぽいのは、閲覧者がバカだから

ネット記事が馬鹿っぽい

ネットニュースやブログの記事には、呆れ果ててしまうような根拠のない誤った情報が溢れています。

 

TwitterをはじめとするSNSや、最近ではYouTuberが行う投稿に関しても同様ですが、

 

かく言う当ブログも以前のような「高尚な」投稿は控える方針に転換し、ここ数日「馬鹿っぽい」記事の量産にいそしんでおります。

 

 

批判される投稿者

大抵その投稿者は集中批判を浴びるか、最低でも馬鹿にされることとなります。

 

しかし、それにも懲りずに投稿者は『バカみたいな』投稿を繰り返します。

 

 

閲覧者に責任転嫁してみる

『人に責任転嫁をするな』という家訓を、清水の舞台から飛び降りる思いで破ってみましょう

 

すなわち、「バカっぽいものがネットに溢れるのは、閲覧者がバカだからではないか」と。

 

人は良いものには反応しませんが、悪いものにはこぞって集まり、その収益化を助ける傾向にあります。

 

確かに、私のブログへのアクセスを見ても、頑張って書いた記事よりも、くっだらない記事の方がアクセス数が多いわけですね。

 

※正しい家訓は『ソフトバンクとは関わるな』です。大変失礼いたしました。

 

 

私もバカの一因です

『そんな偉そうなことを言って、じゃあお前は何なんだ』と批判されるかもしれません。

 

では私のYouTubeの閲覧履歴の一例を自信満々にご紹介しますと、

 

・「うんこちんちん」という四字熟語がある!?

 

・日大関係者がアメフト部事件について謝罪致します。

 

という状況でして、私がそんなに高尚なものを寝る前の布団の中で閲覧しているのかというと、もちろんそういうときもあるんだけれども、必ずしもそうではないワケですね。

 

しかし私はもちろん日常生活でこんなくだらないことは言わないし、考えているわけでもありません。

 

つまり、ネット空間というものが所詮そういう場所であって、実は投稿者は、本当はもっと「良い」記事を書きたいんだけれども、閲覧者の求めに応じて仕方なくそうした記事を投稿しているにすぎないのだと思うのです。

 

 

TSUNAMI

サザンオールスターズのTSUNAMIは歴史に残るミリオンセラーとなったわけですが、作詞作曲をした桑田佳祐さんは、

 

『懸命に作った曲は評価されない。正直なところ、どうせ皆はこんな曲が好きなんだろ、という思いで適当に作ったのがこの曲』

 

と仰っており、あのレベルの人物でさえそのような苦悩はあるということでした。

 

 

言い訳

こんなくだらない記事にアクセスしてしまった皆さんも『バカ』の一人です、、などと書くとそろそろ本気で怒られそうですが、このブログもまた冗談ですからね。

 

繰り返しますが、現実世界で友達と話しているときにこんなことを本気で考えているわけではないし、書き方の問題で特定の対象をディスっていても、本気ではないですから!

 

ネットの冗談と現実をきちんと区別できれば、インターネット上のくだらない投稿にイラつくこともなくなるのではないでしょうか。

 

(例えばこの記事に対して大真面目に批判してくる人がいるとすれば、それこそ本当にどうかなぁと思ってしまうわけですが)

 

(注)YouTubeの閲覧履歴は選りすぐりました。

 

 

感謝

優秀な皆さん、閲覧ありがとうございました。(本音です)

 

ちなみに私は、ソフトバンクが好きです。

 

スポンサーリンク