誰でも稼げるポイントサイト「ハピタス」新規登録はこちら

クアラルンプールの地下鉄MRT・モノレール・近郊電車の乗り方【乗車記】

クアラルンプールの地下鉄MRT・モノレール・近郊電車の乗り方【乗車記】

チケット購入

券売機で英語を選択し、一回乗車券(Token)を購入します。

マップから降車駅を選べば料金が表示され、支払うだけ。

 

額面の大きいお札は非対応ですが、窓口に行けば100リンギット札を快く両替してくれます(窓口もそれを想定して準備があります)。

 

ちなみに、Touch’n GoというSuicaのようなカードもあるようですが、自動券売機に行列ができるようなことはなく毎回購入すれば十分かと思います。

 

 

改札

一回券のトークンは、写真のようなコイン型。

改札は『入場時はかざして』、『降車時は穴に差し込んで』通ります。

 

 

ホームへ

どちらのホームへ行けばよいかは、日本のように明快な案内がありますから心配ご無用。

 

KL Sentral駅は写真のような高架駅になっていますが、基本的には郊外を除き地下を走ります。

 

地下駅は全面ガラス張りのホームドアが完備。

 

 

路線図

かなり単純な路線図で、またコンパクトな都市であることから、乗り換え検索は不要な限られた中心部のみの乗車となるでしょう。

 

路線図は以下のリンクよりダウンロードできますが、各駅にあるマップの方が圧倒的に見やすいので写真を撮って使う方がおすすめです。

MRT map – KualaLumpur

 

モノレール

モノレールも同様に乗車できます。

しかし、運行間隔が15分程度空いており、2両編成の狭い車内で混雑の上に積み残しも出ている状況。

純粋な移動手段としてはMRTで十分かと思います。

 

 

郊外電車

郊外型の「KTM Komuter」も乗車方法は同様です。

しかし、本数は少ない上に遅延が多く、時刻表が当てになりませんのでご注意を!