誰でも稼げるポイントサイト「ハピタス」新規登録はこちら

【Blog】「東京医大の不正入試を知って絶望した医学部予備校のプロ」に絶望した

【Blog】「東京医大の不正入試を知って絶望した医学部予備校のプロ」に絶望した

社会問題化する不正入試

東京医科大学が、いわゆる裏口入学を行っていたことが世間に明るみに出てから、浪人生や女子受験生への減点まで発覚し、社会問題化しています。

 

物事には二面性があるもので、賛否両論あるようですがその是非についてはいずれ触れるとして、今回は少し違う視点からのブログです。

 

 

野次馬が集まっていた

さて、発覚から2か月余りがたっても尾を引くこの問題ですが、Yahoo!ニュースにて以下のような記事を発見しました。

医学部専門予備校運営のプロが絶望した、この国の「入試差別」の実態(現代ビジネス)

 

アクセス上昇ランキングに登場し、コメントも大量についています。

 

きっとバカみたいな記事だから野次馬が集まっているのでしょう。

人間は馬鹿なものを見ると大喜びしますからね。

 

 

著者はカリスマ

何と著者は医学部専門予備校を10年以上も経営してきたというカリスマ。

 

医学部受験生だった者の端くれとして言わせていただくと、それが良いか悪いかは別の話ですが、特に私大では浪人を重ねている人や女性が入りにくいケースがあるということはよく言われます。

 

予備校に通っていなかった私でも知っているのに!と思ってよく読むと、「元経営者」と書いてありました。

 

『あっ、察し』というヤツです。プロがこれではいけません。

 

 

数学の難化は合法的な手段か

今後起きうることとして、著者は「合法的な女子入学者の抑制策」として『数学の難化』を挙げています。

 

(繰り返しますが私は女医の数を抑制すべきとは微塵も思っていませんが、)そもそも不正とされる恣意的な女子受験生への得点操作は、別の視点から見れば、その程度のものとも言えます。

 

 

東邦大学医学部は素晴らしい大学です!

記事の最後に、「女子差別をしている大学はどこだ!」というタイトルで大学別の医学部の女子入学者比率を表にして掲載しています。

 

私立では東京女子医科大学、次いで東邦大学が素晴らしい大学ということです。

 

 

受験生の皆さん、女性活躍を推し進める両大学を志望すべきです!

 

ここで「ダイバーシティを進める」とは言えないのが残念なところ。

 

 

ちなみに国公立大学だと、島根大学が46.3%で最も女子比率が高いとのこと。

 

しかし、私の記憶が正しければ、地方の大学は地元に定着する医師確保のため地域枠という推薦制度が積極的に導入されており、過疎地域ではセンター試験の得点率が8割弱でも合格できると耳にしたことがあります。

 

これによって学力以外の要素によって女子を増やしているともいえるわけで、どちらかと言えば、不公平さで言えばこちらの方が不公平なような気もします。

 

 

お断り

と散々書いてきましたが、ハッキリ言ってしまえば、著者もまさか多浪や女性への減点を知らなかった訳でもないと思いますし、

血祭りにあげた様々な対象に対して本気でそう思っているわけでもありません。(と書くと醒めるのですが、残念ながらお分かりいただけないことが多いので)

 

しかし、なんとなく、考えているところは伝わるかなあと思います。

 

いずれにせよ、今後もブログのネタが尽きることはなさそうで非常に安心しております。